紅蓮華 中国語バージョン

そのままで良いと言う誘惑。

障がい福祉に携わっていると、ありのままの自分で良いという言葉を良く耳にします。
福祉的には、多分それで問題ないのでしょうね。
ただ、そう言われて施設で過ごしていた人が、ある一定期間を経て一般社会へ出た時、
殆どの人たちが、今までの環境とのギャップに遭遇すると言うのも良くある話です。
本当にそのままで良いのであれば、支援は必要ない様な気もします。
支援期間は、少しでも社会とのギャップを埋める時期だと思うのですよ。
そこには、家族だから出来て家族だからこそできないことや、他人だから出来て、他人だから出来ないこともあり悶々とする時もありますが、障がいの有無にかかわらず、
誰もが暮らしやすい世の中になったら良いのにね何って言うのは理想論に思え、
どこかで折り合いをつけることも、学ばなくちゃいけない気がするのです。
それは難しいことでもありますが、毎日の積み重ねであり、習慣づけの大切さを感じています。

LiSA 『紅蓮華』 -MUSiC CLiP YouTube EDIT ver.-
Corona Virus Data

Japan

Last Updated: 5 mins ago

New Cases

0